基礎知識

CBDオイルのメリット・デメリット

CBDオイルのメリット・デメリット
CBDMAXの香りでリラックスを

CBDの摂取には主に「オイル」と「リキッド」の2種類があります。
初めての方はどちらかの摂取方法でCBDを楽しむことになりますが、それぞれのメリットやデメリットを把握した上で選びましょう。

この記事ではCBDオイルのメリットとデメリットを紹介していきます。

CBDオイルのメリット

CBDオイルのメリット
CBDオイルのメリットは以下の点です。

CBDオイルのメリット
  • リラクゼーション効果がある
  • そのままでも摂取できる
リラクゼーション効果があって睡眠の質の改善は抜群です!
三咲花音

CBDリキッドはVAPEという専用の機器を使って、液体状のリキッドを蒸気化したものを吸引してCBDを摂取しますが、リキッドだけではなく、VAPEも一緒に用意しなければなりません。

ですが、CBDオイルはそのまま舌に垂らして摂取することができ、後は何もいりません。
特に用意するものが必要ないという意味では初めての方におすすめです。

CBDオイルの効果
CBDオイルの効果国内でも徐々に認知度を高めている「CBDオイル」。 ネット通販や量販店で目にすることが多くなりましたが、CBD(カンナビジオール)という成分にどのような効果があるのかご存知でしょうか? 美容や健康に興味のある方は効果を知ってからCBDオイルを始めて見たいと思う人も多いと思います。この記事ではCBDオイルの効果について解説していますので、CBDオイルが気になっている方は是非参考にしていただきたいです。...

CBDオイルのデメリット

CBDオイルのデメリット
CBDオイルのデメリットは以下の点です。

CBDオイルのデメリット
  1. 生体利用効率が低い
  2. 草っぽい味がする
VAPE(ベープ)の方が即効性があるようです!
三咲花音

まず「生体利用効率」についてですが、これは摂取したCBDのうち何%が体内に吸収されるかを示す指標なのですが、蒸気化したCBDが50~60%という生体利用効率なのに対して、CBDオイルの経口摂取では15%程度しか吸収されません。

CBDが体内で吸収されなければ効果を発揮しないため、生体利用効率の低さはそのままデメリットになってしまいます。

CBDオイルにはCBDが含まれている率が高い商品もあり、少し値段は高めですがCBDオイルでより効果を期待したい場合はCBDが多く含まれている商品を選ぶといいでしょう。

また、CBDオイルの草っぽい独特の味が苦手な人もいるでしょう。
蒸気化した方が幾分マイルドになるのですが、直接舌に垂らす分摂取しづらいかもしれません。

ただ、CBDの味が苦手な人は牛乳などの飲み物に混ぜて薄めることもできます。

初めての人はCBDオイルがおすすめ

CBDオイルにはメリット・デメリット両面ありますが、初めてCBDを試すというのであればCBDオイルが断然おすすめです。

VAPEなどの機器を用意する必要がないのはもちろん、生体利用効率が低いのでCBDの効果に不安を持っている方でも気軽に試せます。

最近ではMCTオイルやフレーバーで苦い味がしないCBDオイルもありますので、初めての方はそういった商品を選んでもいいですね。

麻田くん
麻田くん

花音さん!なるべく苦い味がしない商品がいいです!

管理人:花音
管理人:花音

MCTオイルやフレーバーで苦い味がしないCBDオイルは以下の商品よ!

CANNAPRESSO CBD OIL
CANNAPRESSO CBD OILの商品紹介CANNAPRESSO CBD OILとは? 「CANNAPRESSO CBD OIL」はCBDオイルの中でもCBD成分が10%の高濃...

まとめ:メリット、デメリットからすると初めての方はCBDオイルがオススメ

CBDオイルのメリットとデメリットをまとめていきました。

コストパフォーマンスを考えるとCBDリキッドの方が優勢ですが、初めての方には簡単に試せるCBDオイルがオススメです。
メリットとデメリットを把握した上でアナタに合ったCBDの摂取方法を選ぶようにしましょう。

【初回限定特別価格 500円(税抜)】CBDMAX

CBDMAXの香りでリラックスを